ジュエルレインは無添加で安心の処方  

 

ジュエルレインは、敏感肌の人でも安心して使い続けられます。

 

そのため、無添加にこだわっているのです。

 

ジュエルレインは、パラベン・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料を一切使用していません。

 

天然由来の植物エキスやオイルなどで使いやすい香りを実現しているのです。

 

そのため、敏感肌の人でも肌トラブルを起こすことなく安心して使うことができます。

 

実際に多くの女性がジュエルレインでニキビをケアしているのです。

 

また、ジュエルレインを使用して何か困ったことが起きたとしても、対応してくれるコールセンターが設置されているのも心強いですよ。

 

デリケートな肌の悩みや、不安に思うことも相談しやすい雰囲気となっています。

 

親切丁寧に、サービスアテンダーが対応してくれるのが嬉しいですね。

 

ジュエルレインのコールセンターは通話料無料で対応してもらえます。

 

敏感肌でジュエルレインを使用できるか悩んでいる人にとってとても心強い存在となっています。

 

気軽に相談してみるといいですよ。

 

ジュエルレインは、初めて購入する人でも安心の「60日間返金保証」が付いています。

 

初回のお届けから60日以内であれば、ジュエルレインを1本全て使い切っても、商品代金を全額返金してもらえるのです。

 

敏感肌の人でも使用できる優しい化粧品ですが、万一自分の肌に合わないと感じたときや、使い続けていくことは難しいと感じたときでも、商品代金が戻ってくるので安心ですね。

 

 

無添加とは?

 

化粧品における「無添加」とはどういった意味でしょうか。

 

なんとなく、「無添加」と書いてあったら安心なイメージですよね。

 

2001年の薬事法の改定によって、現在、配合している全ての成分を容器や外箱に表示することが義務づけられるようになりました。

 

それまでは、アレルギーの危険性が認められた102種類の「化粧品表示指定成分」だけの表示が義務づけられていたのです。

 

その多くが石油から合成された成分となっていて、香料や防腐剤、合成界面活性剤などが含まれています。

 

現在は、これを「旧表示指定成分」と呼んでいるのです。

 

一般的に、無添加化粧品というのは、これら102種類の成分を含んでいないもののことを指しています。

 

しかし、表示が義務付けられた「化粧品表示指定成分」が制定されたのは、1980年のことです。

 

現在までの30年の間、旧表示指定成分であっても、安全性が高まったものもあります。

 

反対に、新しく登場した成分の中に、安全性が不確かなものもあります。

 

旧表示指定成分だけでは、意味をなしていないのが現状なのです。

 

つまり、無添加化粧品は、一般の人が考える安全なイメージと、合致していな面もあるということですね。

 

 

ジュエルレインは敏感肌でも大丈夫?

 

背中ニキビに高い効果を発揮するジュエルレインです。

 

背中ニキビケア部門では、信頼度・満足度・実感度などのランキングで第1位を獲得してるのも人気の秘密でしょう。

 

医療関係従事者が選んだ背中ニキビケア化粧品でも1位を獲得しているのですから、心強いです。

 

これほど高い評価を受けている理由は、ニキビに高い効果を発揮する有効成分が豊富に含まれていることでしょう。

 

さらに言えることは、敏感肌の人でも安心して使えるという点です。

 

どれだけ効果が期待できる化粧品であっても、敏感肌の人にとっては強い刺激になってしまうことがあります。

 

肌が弱いので、思うように使い続けられないという人もいるでしょう。

 

ジュエルレインは、「敏感肌の人にも使っていただきたい」という思いから、無添加にこだわって作られたニキビケア製品なのです。

 

ジュエルレインは、パラベン・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料の6つの添加物を一切配合していません。

 

安心して使い続けられる化粧品を実現しているのです。

 

また、ジュエルレインの香りは、現地ブルガリアから直輸入した、3,000本のバラからわずか1グラムしか抽出できない「ダマスクローズオイル」を使用しているのも評価ポイントですよ。

 

 

ジュエルレインお得な公式HP↓