ジュエルレインに含まれるアルコール

ジュエルレインの公式HP↓

ジュエルレインにアルコールは含まれる?

 

 

ジュエルレインはアルコールが一切含まれていないと表記されています。

 

ですがフェノキシエタノールと呼ばれるアルコールの一種が、成分表に表記されていました。

 

ということは、アルコールが含まれているのになぜ?となってしまいますね。

 

どういうことなのでしょうか。

 

ジュエルレインはフェノキシエタノールをごく少量だけ使用しています。

 

それも長期で保存できるように、そして美容成分の抽出のためだけに使用されています。

 

ただこのフェノキシエタノールはほとんどと言って良いほど、多くの化粧品に含まれており、この成分が含有されているからこそ化粧品の美容成分を安定させたり、保存料となったりベタつき防止や毛穴を引き締めたりできるのです。

 

さらに薬事法では現在の規定により、含まれている成分は必ず全て記載しておかなければならない義務があります。

 

ごく少量でも使用しているのであれば、フェノキシエタノールも記載しなければならなかったのです。

 

ただジュエルレインもこのフェノキシエタノールを使用しなければ、配送中に腐ってしまう可能性があったのです。

 

保存のためには外せない事情もあるので、その点については仕方がないのです。

 

敏感肌で使うことに対し不安がある方は、まずパッチテストから行うようにしましょう。

 

ジュエルレインに使用されているフェノキシエタノールの量はごく少量なので、まずはパッチテストで大丈夫なら使ってみましょう。

 

 

化粧品などのアルコールが含まれる理由

 

よく敏感肌の方が気にしている化粧品に含まれるアルコール、なぜ含まれているのでしょうか?

 

実はアルコールは化粧品には欠かせない成分であり、アルコールが含まれていないと化粧品がすぐに劣化もしくは腐敗してしまう場合などがあるのです。

 

アルコールが含まれている理由には、使用したときの清涼感を出すためや毛穴の収れん作用のほか、殺菌作用を出すためです。

 

そして溶けにくい美容成分を水や油に溶かすためにも使用されます。

 

さらに防腐剤としても使用されており、アルコールが入っていないと夏場では数時間で腐ってしまうものもあるのです。

 

このようにアルコールは肌にとって刺激が強い!と嫌われているものも多いのですが、本当は化粧品にとって必要なものでもあったのです。

 

アルコールフリー商品も多いのですが、アルコールの一種であるエタノールを防腐剤として使用する場合もあるのです。

 

このように、意外にもアルコールは化粧品には欠かせない大切な成分だったのです。

 

ですがアルコールを使用しているからといって、製造会社が肌への影響を全く考えていないわけではありません。

 

できるだけ刺激が少なくなるように、配合しているのです。

 

敏感肌の方やアルコールに敏感な方にとってはあまり良くない成分ですが、たっぷりと配合されているものでもないので。まずはパッチテストなので相性が良いかチェックしてから使用しましょう。

 

 

アルコールでアレルギーが起こることも

 

アルコールが含まれている化粧品はとても多いのですが、このアルコールでアレルギーが起こってしまう場合があります。

 

アルコールといえばちょっとヒリヒリした感じぐらいじゃないの?これは敏感肌だからじゃないの?と思うでしょう。

 

実はこのヒリヒリや赤み、かゆみはアルコールによるアレルギー症状かもしれません。

 

お酒などのアルコールに弱い方や体に発疹ができてしまう方は、もちろんアレルギーを疑う必要もあります。

 

そしてさらに肌に使用した時に異変が起きているのなら、アルコールアレルギーの可能性があります。

 

アレルギーといえば大豆や小麦とか想像しますが、実は肌に使用するものでもアレルギーが起きる可能性があるのです。

 

ちなみに、肌に触れるものや口にするもの、人間はどんなものでもアレルギーを起こす可能性があるのです。

 

またアレルギーかもしれないと感じたときは、必ず病院へ行きアレルギーテストを受けるようにしましょう。

 

アレルギーも放っておくと重症化する可能性もあります。

 

どのようなきっかけでアナフィラキシーショックが起こるかまではわかりません。

 

自分の身体が弱っている時などに使用して、合わないなと感じたらアルコール成分が含まれている化粧品には注意しましょう。